• twitter
  • facebook

◎なんといっても採寸が重要!!

カーテンを購入する際に最も大切なことは、採寸です。
きちんと測ることで、賢く既製カーテンを利用することが出来たり、幅と丈が判ればどのサイズのカーテンがぴったりなのかが判り予算も算出しやすくなります。下記の手順に従ってきちんと採寸しましょう。

  • step1
  • step2
  • steo3

※カーテン採寸はカーテンレールの固定されているランナーの位置が基準となります。
カーテンレールが付いていないと、カーテン採寸はできません。

ライン

横幅を測りましょう

◎カーテンレールを基準に幅を測ります。

・レールの両端についているランナーの中心から反対側のランナーの中心までの長さを測ります。

ランナーとは?
カーテンレールに取り付ける吊金具のことです。
カーテンフックを引っ掛け、カーテンの開閉時にレールの中で移動します。

◎計算方法

・測った横幅に3~5%を上乗せします。

理想のカーテン幅

◎カーテンの開き方を調べます。

・カーテンが両開き(2枚)か片開き(1枚)か確認します。

開き方イメージ

ライン

丈を測りましょう

◎ランナーからの高さを測ります。

  • 1、ランナーから窓枠の下まで測ります。
  • 2、下に何もない場合、15~20cm足した長さが  カーテンの丈です。(光漏れを防ぎます。)
  • ・レース丈の場合…測ったカーテンの丈から、  2cm引いた長さが適正です。

  • 1、ランナーから床まで測ります。
  • 2、測った長さから、1~2cm引いた長さが
    カーテンの丈です。
  • ・レース丈の場合…測ったカーテンの丈から、  2cm引いた長さが適正です。

  • 1、ランナーから窓枠の下まで測ります。
  • 2、測った長さから、1~2cm引いた長さが
    カーテンの丈です。
  • ・レース丈の場合…測ったカーテンの丈から、  2cm引いた長さが適正です。
高さの計測はこの部分から測ってください。

ライン

◎レールの形式を調べます。

・カーテンフックのタイプが異なりますのでレールタイプを必ずご確認ください。

アジャスターフックについて
高さがある程度調節できるフックをアジャスターフック
と呼びます。 レールに引っかける部分を上から下に
カチカチと移動させることで、カーテン生地を一段づつ
調整することができます。
※長さの調整が5mm単位でできます。

※装飾レールの場合のご注意
段違いになっている装飾レールの場合、厚地用のカーテンレールとレースカーテン用のカーテンレール
の高さが違いますので、必ず両方のレールから必要な丈を採寸していただきますようお願い致します。
厚地は、床までの寸法-1cm、レースは床までの寸法-2cmの長さが適正です。

ライン

↑TOP