• twitter
  • facebook

インテリア豆知識

1.家具設置の基礎知識
箱モノ家具【置き場所】
直射日光が当たる場所や冷暖房器具などの近くに家具を置くと、湿気や温度の関係により、色あせ、カビ等はもちろん、木材の接着剤が剥がれたり、ひび割れ等の弊害がでるおそれがあります。

【設置場所】
出来る限り平らな場所に設置するように心がけてください。ゆがんだ場所に設置すると、扉が開かなくなったり、家具自体がゆがんでしまったり、時には変形してしまう恐れもあります。ご注意ください。

【点検】
家具は年に一度程度点検をすることをオススメします。ネジのゆるみによって家具の変形が起きる場合や、時に転倒にまで繋がるおそれがあります。日頃から、点検を怠らないようご注意ください。
2.素材 木目のお話
丸太を製材する場合その挽き方で木目の表情が全く違って見えます。

【柾目(まさめ)】
丸太の中心部を挽いた時、順序良く縦並びした木目です(狂いが少なく良材です、ロス部分が発生するので高額です)。

【板目(いため)】
丸太の外側部分を挽いた場合にあらわれ波うち模様が現れます。
無垢材としては柾目に落ちますが木目の面白さがでます。

【杢目 (もくめ)】
木目などの紋様で、特に装飾価値が高い紋様を「杢」と呼んでいます。ブナ科の虎斑杢やメープル等に現れる鳥眼杢などがあります。
3.塗装のお話
塗装の本来の目的は、「木質材料の狂いをおさえる」「耐久性を高める」「さらに美しくする」ためです。
家具の製作にあたってはこの塗装が大変重要で生産工場の半分以上のスペースや手間がさかれています。
塗装材料はこれが優れているというものではありません。適材適所で材料の特徴を生かした使い方が重要なのです。

【UV塗装】
UV塗装は、塗装材料のことではありません。塗装の段階で紫外線(UV)を照射することによって瞬時に乾燥さ せ、塗装にかかる時間を大幅に短縮させ生産性をあげる塗装の方法です。また、UVの照射時間によって塗膜の硬度をコントロールすることが可能で、一般的に 硬い塗面が多く見られます。ダイニングテーブルや学習机などに多く使用されています。

【ウレタン樹脂塗装】
耐摩耗性、耐薬品性、硬度などに優れた万能型です。また、オープン・セミオープン・クローズ仕上げと仕上がりの風合いを自由に選べます。通常の家具の木目を生かした仕上げには最も多く約90%近く使われています。

【ポリエステル樹脂塗装】
ポリエステル樹脂を塗料に入れる塗装で木目をまったく出さずに鏡面に仕上げる塗装。重ね塗りすることで木材をハードコートし傷つきや反り割れなどを起こりにくくさせます。中には12回程塗装と研磨を繰り返している商品も有り、仕上がりが美しい分高価になってしまいます。

【ラッカー塗装】
木目や天然材の風合いが生かされる塗装で、銘木などを材料にした高級家具などによく使われます。塗装に時間と技術を要しますので高価になります。傷や熱に弱い面もある一方、修理が簡単です。

【オイル塗装】(植物性塗料)
木 の持つ自然な感じで仕上げる事ができ、カントリー家具などの塗装にみられます。オイル塗装は、塗装が木に浸透し塗膜を作らないので塗装面の割れ・剥がれ・ めくれなどの心配がありません。また、最近注目されているホルムアルデヒドを含まずエコロジーなのが特徴です(オイルフィニッシュ仕上げ等)。

※ 塗装とよく似た、ハイグロスシートの仕上げの製品が増えています。ポリエステル塗装のように光沢があり、掃除がしやすく油汚れの多い台所家具によくつかわれています。UV塗装と比べるとあくまでも塩化ビニールシートなので傷や熱には弱点があります。
4.ダイニングテーブル(食卓テーブル)の選び方
四本脚テーブルとT字脚テーブル【天板のサイズ】
4人掛け=最小限が120cmになリます。標準は135cm。
6人掛け=160cmから。最も多いサイズは180cmになります。ゆったりとするならば200cm幅位が理想的。

【天板の高さ】
低いものはLDタイプの65cmから輸入物の75cmと高いものもあります。
標準は70cmテーブルの高さは使用する椅子の座面の高さによって決まります。

【脚の形状】
・4本脚(上段写真)
四隅に脚があるために、重量配分が良く安定感があります。また、また四方から座ることが出来るために、4人掛けでも5人6人と座ることが出来ます。但し、4脚以上の椅子は座面がぶつかり合いテーブルの下に収めることができませんので注意が必要です。

・T字脚(下段写真)
四隅に真っ直ぐな脚がないために膝元にスペースが出来きます、特に出入りをする時に椅子を大きく引き出す必要がないのでお部屋を省スペースで使う事が出来ます。今人気の回転チェアにはほとんどこのT脚タイプです。
5.ダイニングチェア(食卓いす)の選び方
椅子の高さ目安【ダイニングチェア】
椅子の座面の高さは、使用する人の「下腿の長さ-1cm」がベストです。従って、テーブルの高さはその椅子に座った状態をもとに、ものを書いたり、食事したりするのに適した高さが導き出されていますこのようなことから成人の平均的な身長から割り出された座面の高さが42~43cm。テーブルの高さは、椅子の座面の高さプラス(差尺)27cmでテーブルの高さが70cmとなります。
ハイカウンターの場合も同様なので、 天板マイナス27cmで基本の座面の高さが出てきます。
6.ソファの選び方
すわり心地を一番左右する、座面の構造についてご紹介いたします。

【コイルスプリング】
ベッドのマットレスでおなじみの渦巻き型コイルバネです。沈み込みが深く、座り心地が良いのが特徴です。また、ヘタリが少なく耐久性にもすぐれています。生産コストが高い為、中級品以上のソファに多く使用されています。

【スネークスプリング(S字バネ)】
読んで字のごとく、ヘビ型のバネです。前から後ろへ通しこの伸び縮みで弾力をつくります。コイルスプリングと比べ、クッション性は落ちますが、厚みが無いので低めのコンパクトソファやシャープなデザインのソファに多く使用されています。

【ウェービングテープ(エラストベルト)】
金属のスプリングの代わりにゴムの帯状ベルトを編んでクッションとしています。座面が薄く軽快なデザインのソファに使用されています。金属バネを使用していないので、きしみ音が少ない点が特徴です。

【ウレタンフォーム】
バネやベルトを使用せず、ウレタンのみで形づくったものです。生産コストが安く、低価格帯のローソファによくつかわれています。 また、硬質ウレタンを芯に発泡成形されたソファはフレーム(木枠)がなく曲面を生かした独特のデザインになり、高級品になります。座面種類
7.ソファのお手入れ方法
【布張りソファの場合】
基本的にブラッシングです。シミなどは中性洗剤をぬるま湯でうすめ(約300倍~500倍)浸した布を固く絞って押さえるように拭き取ります。ベンジンや除光液で拭き取る方法もありますが、あまりお勧めできません。

【皮革張りソファの場合】
普 段のお手入れは柔らかい乾いた布で乾拭きです。汚れは中性洗剤をぬるま湯で薄め(約300倍~500倍)、浸した布を固く絞って拭いてください。市販で 売っているレザークリーナーや蒸しタオルなどでも汚れが取れます(ベンジン・シンナー・磨き粉などは使用しないで下さい)。
皮革は天然素材ですので、色褪せ・ヒビ割れなどが起こる場合があります。乾燥している季節には少し湿らした布で拭き、湿っぽい季節ではから拭きをするなど、自然に対処したお手入れが長持ちをさせる秘訣です。

【ソフトレザー張りソファの場合】
普段のお手入れは柔らかい乾いた布で乾拭きです。汚れは中性洗剤をぬるま湯で薄め(約300倍~500倍)、浸した布を固く絞って拭いてください、その後、水拭き、乾拭きします。汚れに強くお掃除がしやすい点が優れています。
ボールペンによる落書きなどは、消しゴムで消える場合もありますが、、時間が経ったものは取れない場合がほとんどです(消しゴムを使用した場合は、その部分が周りより白くなるので注意が必要です)。
8.ベッドのお話
◎ ベッドマットのサイズ
ベッドの大きさは、デザインにより大きく左右されます。
マットレスと同じ幅のものから大きく張り出したデザインの物とたくさんの形があります。
マットレスについては基準がありますので参考のサイズをご紹介します。
シングルマットレスより20cm刻みでサイズがあります。ワイドダブルだけが例外で10cm刻みになります。
※メーカーにより【幅約150cm】をクイーンサイズと表記するところもあります。 クイーンサイズやロングサイズのシーツなどを購入の際は、『 長さ○○○ cm 』と確認してください。
ベッドの大きさについてはマットレスサイズを最小限として考えて頂ければ、必要なベッドスペースがイメージできると思います。


◎ ベッドのお手入れ
【 フレームのチェック 】
ベッド 寝ている振動でベッドのフレームががたつき、きしみ音や破損の原因になる場合があります。定期的にがたつきがないかを確認して、金具の緩みのチェックをして下さい。

【 マットレスのローテーション 】
特定の部分だけに凹みができないように、3ヶ月に一度を目安にマットレスの上下を入れ替えたり、ひっくり返して表裏を入れ替えてください。
荷重の掛かる位置が変わり、スプリングのへたりを防いでくれます。
(※一部、片面使用を前提としている商品では、表裏で寝心地が異なります。)

【 新鮮な空気でマットレスの湿気を発散 】
ベッドパッドはまめに外気にあて干すことによりマットレスを湿気から守ります。
3ヶ月に1度はマットレスも天日で干すのが理想的です。
また、月に一度程度マットレスを寝具をはずし寝室の窓を開け外気にさらしてください。

【 水や汚れに注意 】
湿気はマットレスの大敵。濡れてしまったら、完全に乾くまでしっかり乾燥させてください。
ひどい汚れは中性洗剤を浸した布で叩くようにふき取り、洗剤が残らないように水に濡らした布で拭き取ります。
その後はしっかりと乾燥させてください。

【 飛び跳ね・折り曲げ厳禁】
マットレスの上で飛び跳ねたり、折り曲げたりしますとスプリングユニットを壊す原因となります。
また、ヘタリ・キシミ音の原因になりますので絶対に避けてください。
9.丈夫なチェスト(整理たんす)の見分け方 その1(本体)
チェスト本体内部構造【チェストの外枠構造】

図1の構造
・低価格品に多く、引き出しと引き出しの間に地板(しきり)がありません。このような造りは、外枠にね じれやひずみが出やすく、引き出しが、がたつき開閉に支障が生じます。結果、無理な引き出し開閉を強いられ、引き出しの前板はずれなどのトラブルにつなが ります。

図2の構造
・地板が入ることで枠組みを補強し狂いをおさえます。また、引き出しにふたをする状態になり密閉度が高まり、収納物をほこりや湿気から守ります。
10.丈夫なチェスト(整理たんす)の見分け方 その2(引き出し構造)
【引き出しの構造】
家具の引出し部分は頻繁に使用するため、最も傷みやすい場所になります。従ってタンスの生命は引出しの造りにあります。引出しの造りでその家具全体への評価となるといってもよいでしょう。

図1の引出し
・側板と前板が接続ダボで止められています。特に側板が薄い材料になるとダボも細くなり接合力が低下します。引出しを閉めるとき前板が本体外枠と「あたり」(ストッパー)になり外れやすくなります。

図2の引き出し
・箱組みといいます。婚礼家具などの高級なものは4方が桐材で頑丈な継ぎ手が施されています(4方桐)。または箱組によって本体との隙間が一層少なくなり、衣類の保管性を高めます。引出し前板構造
11.丈夫なチェスト(整理たんす)の見分け方 その3(引き出し接合方法)
【引き出しの接合方法】
家具の引出し部分は頻繁に使用するため、最も傷みやすい場所になります。従ってタンスの生命は引出しの造りにあります。引出しの造りでその家具全体への評価となるといってもよいでしょう。

①太柄接(ダボツギ)上段イラスト
一般的な接合方法で、凹凸部にボンドを流し込んで接合します。ボンドの接着力に頼っており、効力が薄れるとはずれてしまう恐れがあります。また、衝撃にも弱いタイプです。生産性を求められる普及品に多く使われています。

②刻接(キザミツギ)中段写真
中級品組み手といえます。外観、強度とも優れ生産性もわるくありません。接続方法の代表格です。ロッキングともいわれます。

③蟻組接(アリグミツギ)下段写真
刻接の組み手を蟻形にして、一方から差し込む接合法です。刻接より強度があり、また木(桐)が吸湿して伸縮した時に、木同士が縮みが生じないように工夫された伝統的な、技巧です。手組みが多く、熟練した仕事の証ともいえます。ダブテールともいわれています

強度の強さは、③⇒②⇒①の順になります。引出し接合方法
12.カーペットの選び方 その1(大きさ)
カーペットサイズお部屋の寸法は同じ6畳であっても実際のサイズはまちまちです。
直接採寸するのが正確ですが、よく使われている目安のサイズを書き出しました(単位cm)。

【江戸間サイズ】
2畳(176×176) 3畳(176×261) 4.5畳(261×261) 6畳(261×352)
8畳(352×352)

【本間サイズ】
2畳(191×191) 3畳(191×286) 4.5畳(286×286) 6畳(286×382)
8畳(382×382)

※最近の住宅は、団地サイズと呼ばれる大きさも増えています。
【団地サイズ】
2畳(170×170) 3畳(170×255) 4.5畳(255×255) 6畳(255×340)
8畳(340×340)


※お部屋に合わせてカットできる「イージーオーダーカーペット」もございます(右図)Web通販では取扱がございません。
既製のサイズとはあわない、角に柱があるなどの場合は既製サイズから1cm単位でカットできます(加工料金3,000円)。
(既製サイズを超える変形カット、くりぬきカットは承れません)
13.カーペットの選び方 その2(素材)
カーペットの耐久性は、素材の強度と密度によって決まります。

【アクリル】 
ふっくらとして柔らかく、弾力性や保温性が良いなどウールに似た風合いをもっています。吸水性が少ないので水溶性の汚れが付着しにくく帯電性も小さいです。また発色性が良いので鮮やかな色が出せバリエーションが豊富です。
アクセントラグに多用されています。

【ポリエステル】 
摩 擦に強い為しわになりにくく形態安定性に優れています。日光や薬品にも強いことから色やけや変色が少なくカーテン素材として適しています。また吸湿性が低い為、乾きが早いという長所を持っています。カーペットには単独で使われる事は少なく、他の素材との混紡がほとんどです。

【ナイロン】 
引っ 張り強度が強く水に濡れてもその力はほとんど変わりません。弾力性、摩擦強度が他の繊維に比べて優れ、ずば抜けた耐久力があり業務用途に多く使われていま す。今売場でよく目にするBCFナイロンは繊維が細くやわらかくソフトです。抜け毛が少なく耐久性、肌触りのすぐれた新素材でアクセントラグや玄関マット にもよく使用されます。

【ポリプロピレン】 
ナイロンと同様に強度に優れ繊維の中でもっとも軽い素材です。着色の鮮明度や弾力性(硬い感触)に弱点はありますが安価でウィルトン織りの素材としても使用されています。

【ウール】 
天然素材ならではの調湿作用と空気の浄化作用があり注目されています。また保温性があり部屋の冷暖房の省エネにも効果があります。弾力性、復元力がありテー ブルの後なども霧吹きで多くは復元します。さらに、汚れにも強く、延焼、有毒ガスの発生もなく、絨毯の素材としてトータルで見ればNO.1です。家具など の設置によって容易に敷き替えが出来ない場所にはおすすめです。
14.カーペットの選び方 その3(パイル形状)
カーペット ループタイプカーペットの踏み心地はカーペットの素材だけではなく、パイルの形状によっても大きく左右されます。

【プラッシュ】
パイル長を5~10ミリの範囲で揃えたタイプです。カットされた断面が繊細なパターンを生み、ソフトな踏み心地の仕上がりです。

【サキソニー】
パイル長を15ミリ前後で、より糸に熱を加え、密に打ち込んで撚りが戻らないように(ヒートセット)した、カットパイルです。形状が安定、弾力性があり、豪華な感じになります。

【レベルループ】
高 さが均一なループ状のパイルを密に打ち込んだものです。 適度な硬さを持ち、表面は一様で滑らかさも有し、耐久性、歩行性にすぐれています。 汚れにく く、ホコリも目立たず、掃除も容易通行量の多い、廊下、オフィス、ホテルロビー、レストラン、店舗、病院などに利用されています。

【マルチレベルループ】
ループ状のパイルに高低差を付けたもので、別名「ハイ・アンド・ロー」とも言います。方向性や、高さをランダムにしたり、糸の太さに変化を付けたり、色やパターン変化で、視覚的、デザイン性的に変化のある床仕上げとなり、装飾効果が高いタイプです。

【レベルカット&ループ】
レベルループのパイルを部分的にカットしたもので形状の違う表面がそのまま柄を表現し、色調を変化させる効果を持っています。

【ハイカット&ローループ】
高いループ部分をカットしたものでレベルカット&ループより明確な柄を表現します。
15.ウォッシャブルカーテンの洗濯方法 その1
ウォッシャブルカーテンの洗濯方法【洗濯前に】
カーテンの裏に縫い付けてある「取扱い絵表示」で、洗い方を確認してください(製品により収縮率があります)。
フックをすべてはずして、ホコリを払い、シワにならないように屏風たたみをします。

【洗い方】
①・ご家庭の洗濯機で洗う場合 (ウォッシャブル表示のあるカーテン) 一度に洗うのは1~2枚まで。ネットに入れると型くずれを防げます。

・水量は「最大」、水流は「弱」に設定し、40℃以下のぬるま湯か水で洗って下さい。

・洗剤は普段お使いになっている洗剤か、デリケートな衣類用の中性洗剤をご使用下さい。

・すすぎの際柔軟剤を入れると風合いがよくなります。

②・手洗い・つけ置き洗いをする場合
30℃以下のぬるま湯か水でやさしく押し洗いして下さい。
(もみ洗いはシワのもとになります。)  その他は洗濯機洗いと同じです。

・汚れがひどいカーテンについては「つけ置き洗い」をおすすめします。
水温は30℃~40℃程度で、30分~1時間程度つけた後、洗濯機か手洗いで洗濯して下さい。

【漂白】
必ず「取り扱い絵表示」で、塩素漂白可能かどうか確認してください。
16.ウォッシャブルカーテンの洗濯方法 その2
アイロンのかけかた【脱水・干し方】
脱水時間が長いとシワがとれにくくなりますので、ドレープで1分、レースなら30秒程度にとどめてください。

窓まわりの拭き掃除を済ませておくと、洗ったばかりのカーテンに汚れが付くのを妨げます。

元々掛けてあったレールに戻して吊り、軽くシワを伸ばすようにして形をととのえ、自然乾燥させてください。

屋外に干す場合は日陰で乾かしてください。
乾燥機は絶対に使用しないでください。

【アイロン掛け】
必ず「取り扱い絵表示」で、アイロン掛けが可能かどうか、また適切な温度やあて布の有無を確認してください。

繊維の素材による温度の目安は
綿・麻・・・140~200℃(中~高温)
ポリエステル・・・140~160℃(中温)
アクリル・アクリル系・ポリクラール・レーヨン・・・80~120℃(低温)

【ワンポイント「素材の特徴」】
①ポリエステル
洗濯による収縮が少なく、しわになりにくい

②綿
やや縮みやすいので要注意

③アクリル
熱に弱いためアイロンは不向き

④レーヨン
洗濯による収縮が大きく洗濯は必ずドライクリーニングで。

↑TOP